台湾旅行 海外旅行保険

旅行の後に気づいた重要な保険のこと

私は台湾旅行に行ったあとで気づいて失敗してしまったので(´;ω;`)、このサイトを見ているあなたは損をしないようにここを読んでおいて欲しいと思います。

 

海外旅行の時に必ず保険に入ると思います。もちろん今回の台湾旅行でもそうですし、以前のハワイ旅行でも保険に入りました。みなさんもきっとそうだと思います。入っておかないと現地でなにか事故や病気・怪我をしたときの治療費が高くなってしまうので。

 

それで、ツアー申し込みと同時に入る場合もあるし、空港で保険にはいる場合もあると思います。4日間の旅行だと1人3000〜6000円ぐらいが相場だと思いますけど、実はこの保険誰もがタダで入ることができて、家族もOKで、しかも今後の海外旅行保険でも無料で使えてしまうという裏ワザがあるんです!

 

その方法とは

 

「年会費無料の海外旅行保険つきのクレジットカードを持つ」

 

だけなんですよ(*´ω`*)

 

私はこのことを全然知らなくて、家族分も含めて1万も払って保険に加入したのですが、これから台湾旅行にいく方は是非持っておいたほうがイイと思いました!そして、その浮いた分をお土産代につかうとか、感謝の気持ちとして台湾に落としてきてもらえたらと、心から思います。

 

普通はゴールドカードなどに付帯している海外旅行保険ですが、無料で手に入れることができるクレジットカードがありますので、是非ご活用ください!

海外旅行保険が無料でついてくるクレジットカード

最強のJCB EIT(エイト)カード 

年会費ずっと無料!保険つきカード!
JCBエイトカードは1番おすすめのカードですね。年会費もかからず持ってるだけで旅行保険に入ってる状態になります。

 

台湾旅行で万が一の事故・病気に保証してくれるばかりか、現地での金品の盗難や破損までOKなんです。旅行前に手続きや申請も不要なので、カードが手に入ったらそのまま旅行にいって大丈夫です。さらに家族会員も同様な保証が受けられるのも見逃せないメリットですね。

 

エイトカードはお買い物としても便利に活用できます。(もちろん保険目的でもOKですが)、このカードで購入したお品物の事故損害まで保証可能です。さらにポイント還元も業界でトップクラスなので、お買い物でたまったポイントは後日ネットショップでのお買い物に利用できたり、プレゼントと交換ができます。

 

ゴールドカードなみのお得感があり、年会費無料なので持っててリスクがありませんよ。カードの絵柄もオシャレで素敵ですね。

 

>>JCBエイトカード[公式] 安心の台湾旅行を満喫する!

 

年会費 付帯条件 届くまでの日数
永久に無料 自動付帯 最短7日
傷害による死亡・後遺障害 持ち物の損害 傷害や病気の治療費
最高2000万円 最高20万円 最高100万円

楽天カード 

2番目におすすめなのは楽天カードです。

 

実は楽天カードはクレジット業界の中でNo1のポイント還元率です。1000円のお買い物で10円分のポイントバックがありますからね。そのまま楽天市場や楽天トラベルでも利用できるのがお得です。

 

しかし、海外旅行保険はタダではついてこないのが残念な点でしょうか^^;

 

クレジットカードの年会費は無料なんですけど、旅行保険は楽天カードで旅行代金等を支払わないとついてきません。いわゆる「利用付帯」というものです。
>>楽天カードで台湾旅行を楽しむ!

年会費 付帯条件 届くまでの日数
永久無料 利用付帯 最短1週間
傷害による死亡・後遺障害 持ち物の損害 傷害や病気の治療費
最高2000万円 最高20万円 最高200万円

イオンSUICAカード 

年会費ずっと無料の自動保険つきカード!
3番目におすすめなのがイオンカードですね。
お住いの地域にイオンがあるかたならイオンカードを持ってるとお得です。毎月20日と30日は5%オフの日になりますからね(*´ω`*)

 

イオンカードには何種類かありまして、JRの電車の改札を通るときに使える「SUICA」というデポジット制のカードがあります。こちらのSUICA付きイオンカードで入会すると海外旅行保険がついてくるようになっています。
>>イオンカードで台湾旅行!

年会費 付帯条件 届くまでの日数
永久無料 自動付帯 1〜2週間
傷害による死亡・後遺障害 持ち物の損害 傷害や病気の治療費
最高500万円 -- 最高50万円

三井住友VISAクラシックカード 

正確にいうと年会費は無料じゃないんです。1,312円必要なんですけど、ネットで申し込むと初年度無料になります。

 

それと次年度以降は年会費無料になるのには条件があります。マイ・ペイすリボへの登録とこちらのクレジットカードを1回は利用しなきゃいけないというルールですね。
>>三井住友VISAカードの詳細

年会費 付帯条件 届くまでの日数
無料(条件アリ) 利用付帯 最短1週間
傷害死亡・後遺障害 持ち物の損害 傷害や病気の治療費
最高2,000万円 最高15万円 最高50万円

ライフカード

こちらはライフカード。
ライフカードも正確には年会費無料ではなく、初年度1,312円が無料になります。

 

ライフカードはお買い物などで利用した分のポイント還元率が高いことでも有名です。楽天→JCB-EIT≒ライフカードぐらい還元してくれるので人気のカードでもあります。ただ、ライフカードも2種類ありまして、海外旅行保険付きのほうでないといけません。

 

>>ライフカードの詳細

年会費 付帯条件 届くまでの日数
1,312円(初年度無料)) 自動付帯 最短1週間
傷害死亡・後遺障害 持ち物の損害 傷害や病気の治療費
最高2,000万円 最高20万円 最高200万円

 

当サイトのメニューです

私の失敗談も兼ねて(苦笑) 旅行保険のことも書いていますので、あなたは損をしないようにしてくださいね。

旅行保険のこと

台湾の見どころ

台湾料理